宮沢りえの【紙の月】の映画をU-NEXTで無料で観た感想をレビュー(ネタバレあり)

スポンサーリンク

【紙の月】は宮沢りえの映画版と原田知世のドラマ版があります。

私はU-NEXTの会員になっています。
1か月に会費が2300円ほどいるけど、ポイントが1200ポイントほど毎月もらえるし、結構いろいろな映画やドラマが見れるので、続けています。


U-NEXTのサイトはこちらから
↓ ↓ ↓

U-NEXT

最近はおもしろいテレビがないので、何かおもしろい映画はないかなあ、とU-NEXTで探したら、宮沢りえ主演の「紙の月」があったので見てみることにしました。
「紙の月」は角田光代さんが書いた小説です。

created by Rinker
¥649 (2021/10/26 00:13:37時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじは、銀行の契約社員になった主婦が大学生に夢中になり、大金を横領をして大学生に貢ぎ豪遊して最後は海外に逃げる話です。
私は小説は読んだことがあったのですが、これと言って心にも残らず・・・ピンとこなかった小説でした。
NHKでドラマにもなっていました。
ドラマでは原田知世さんが主人公を演じていました。
原田知世さんははかなげで、わりとよかったので、宮沢りえさんはどう演じたのか気になっていました。

宮沢りえの【紙の月】~大学生に魅力がない

うーーん、イマイチでした。
主人公の主婦と大学生が恋愛関係になる過程がないのです。
3回ほどすれ違っただけで、ホテルに行くかーー?
あの池松壮亮が演じる大学生のどこに惹かれたのか??
私がおばさんだから、あの大学生のよさがわからないだけなのでしょうか。
私からしたらガキにしか見えないんですけど。
私だったら・・・たとえば、ライブ活動をしているギタリストの大学生になら惹かれるかもしれない。
ミュージシャンをめざしている大学生になら貢ぎたくなるかもしれない。
他には、スポーツマン・・・野球とかゴルフとか何らかのスポーツをしている若い男の子だったら、惹かれるのはありかもしれない。
何かしら、これ!ということを一生懸命にがんばっている男の子でないと興味がわかないですけどね・・・

映画【紙の月】~横領はだめだよ

主人公の主婦が銀行の偽物の定期預金の証書をコピー機で作るところも、まあ、こっけいでした。
あんなんで、バレないのか?
たくさんたくさん、偽物の証書を作ってノートに記入して、自転車操業して、わけわからなくなって、そんなことして手にいれたお金で遊んでも、気が晴れないしー。
で、横領がばれて、上司に追求されても、開き直るところが怖い。
返すあてもないのに、「返しますから。」と言う。
最初は地味な主婦だった宮沢りえがだんだんきれいになるところはやっぱりお金をかけたら、きれいになるのね、とは思ったけど、切羽詰まっていて全然しあわせそうではない。

映画【紙の月】~小林聡美がよかった

銀行のお局役の 小林 聡美がわりとよかったです。
ずっとまじめに働いてきて、堅物で人生を楽しむこともなく、まっすぐに生きている人。
私もまじめな性格なので、この人には共感できました。
宮沢りえが、ちょっとばかにしたような態度をとるのですが、人のお金を横領しているあなたにバカにされたくはないわねー、と思いました。
最後のほうの場面で、宮沢りえが海外に逃げたあと、銀行の中で会議をしているとき、小林 聡美が窓の外をふと見るんですが、あの場面はよかったですね。

「彼女、どうしているんだろう。無事なのかなあ・・・」という表情でした。

とりあえず、宮沢りえ扮する主人公、人のお金で遊ぶのはダメだよーー。
豪遊したり、大学生に貢ぎたかったら、自分で稼いだお金で遊びましょう、と言いたい。
人の金をとって、自由だーっていうのは、違うと思った映画でした。
それに・・・旦那とうまくいかなくて、自分らしく生きていけない、って思ったら、
別れればいいじゃない、と思った。

それに比べたら、ドラマの原田知世のほうがよかったなあ。
ドラマのほうは、6回ほど放送があったので、もう少し丁寧に話が進んでいました。
次はドラマの「紙の月」をもう1度見てみたいと思いました。

U-NEXTは最初の31日間は無料で体験できます。
いろいろな映画が見れて、楽しいですよ。
 ↓ ↓ ↓

U-NEXT

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
楽天ルーム
私の楽天ルームです。