大寒卵(だいかんたまご)を食べたら、金運と健康運がアップ!ドクターコパさんの本で読みました。

スポンサーリンク

こんばんは。
今日は寒いです。
手がかじかんで、ブログがうまく書けません。
いつまでこんなに寒いのでしょう。
「大寒」が1月20日ごろらしいので、20日ぐらいまでは寒いのでしょうね。

大寒(だいかん)とは

大寒ってなんでしょう。

大寒(だいかん)は、二十四節気の第24。
十二月中(通常旧暦12月内)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のとき(黄道十二宮では宝瓶宮の原点に相当)で1月20日ごろ。
暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。
平気法では冬至から1/12年(約30.44日)後で1月20日ごろである。
期間としての意味もあり、1月20日~2月3日まで、すなわちこの日から、次の節気の立春前日までである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AF%92 ウィキペディアより

大寒とは、1月20日ごろということですね。
期間で言えば、1月20日から2月3日までが、大寒の期間なのですね。

ドクターコパさんの大寒卵のおまじない

「大寒卵を食べると金運アップ」というおまじないを聞いたことがありますか?

ドクターコパさんの本で読んだのですが、
大寒の日にに産まれた卵を食べると、金運と健康運がよくなるらしいです。

1年の一番寒い日に産まれた卵には、栄養がたくさんあるから、それを食べると健康になって、金運も上がるということなのでしょう。

私は、10年くらい前には、わざわざ鶏小屋に大寒生まれの卵を買いに行ったことがあります。
今は鶏小屋まで買いには行けないけど、いつも大寒のあたりの卵はスーパーで買って食べるようにしています。

そのおかげかどうか、わかりませんが、
今のところ、お金には困っていません。
・・・金持ちではないのですが、借金で困るようなことはないです。

これを読んでいるあなた、1月20日ごろに産まれた卵をスーパーで見かけたらぜひ買って食べてくださいね。

調べたら、楽天でも「大寒卵」を売っていました。
欲しい方は売り切れないうちに、お早めに。



ゆで卵の簡単な作り方

卵の話が出たので、ゆで卵の作り方を書いておきます。

2年前くらいにネットで簡単なゆで卵の作り方を見つけて
今はこの方法でゆで卵を作っています。
それまでは、水に卵を入れて、13分くらい茹でて作っていました。

簡単なゆで卵の作り方

1,お鍋に水を3センチくらい入れる。
2,そこに卵を入れる。
3,鍋に蓋をして、火にかける
4,沸騰したら3分ぐつぐつ煮る。(蓋はしたまま)
5,火を止めて、5分そのまま待つ。(蓋はしたまま)

はい、出来上がりです。

ちょうどいい具合のゆで加減で、おいしいゆで卵ができます。
鍋の大きさや、気温の関係で微妙にゆで加減が違ってくるかもしれませんが、
そこはお好みで調整してくださいね。

最後に

また明日から1週間、始まります。
特に寒い1月、2月はほんとにしんどいですよね。
おいしい卵を食べて、がんばりましょう。

それでは、またね。
読んでくれてありがとうございました。
よろしければ、下のバナーをクリックして応援してくださればうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村